« 犬と歩く | トップページ | ねこ・126 »

琥珀色の遺言

Photo

 大正時代が舞台のゲームです。

 レトロな雰囲気が良かったです。

 館で起こった殺人事件を探偵の主人公が捜査するゲームです。総当りの1本道のシナリオなので、本を読んでいる感覚でした。犯人はさっぱり分かりませんでしたが、総当りでコマンドを選んでいたら、勝手に名乗り出てくれました。こういうシンプルなのは嫌いではないです。

 最近またゲームを買いすぎたので、早くやっていかないと増えていく一方です。テイルズオブシリーズとか、持っているハードのゲームを全部買ってしまいました……。RPGは時間がかかるので、増えると危険です。でも、ほしかったゲームがPSPに移植されるし、まだまだ新作もでるし、買おうと思っているゲームはたくさんあります。どうしよう……?

 

|

« 犬と歩く | トップページ | ねこ・126 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126062/40489478

この記事へのトラックバック一覧です: 琥珀色の遺言:

« 犬と歩く | トップページ | ねこ・126 »