« ねこ・306 | トップページ | ねこ・307 »

死神と少女

S

 現代の日本が舞台ですが、外国の雰囲気でした。

 ルート数は多くないですが、ボリュームが結構ありました。順番を間違えるとネタバレが大変なことになります。全部のルートで一つのお話、という感じでした。

 七葵先輩が好きでした。頼りになって男らしいです。どのルートでも優しくていい人でした。あと、夏帆も明るくてかわいかったです。主人公がおとなしめなので、夏帆の出てくる場面は楽しかったです。

 全体的に重くて暗めですが、嫌いではないです。音楽があっていてきれいでした。

|

« ねこ・306 | トップページ | ねこ・307 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126062/53954272

この記事へのトラックバック一覧です: 死神と少女:

« ねこ・306 | トップページ | ねこ・307 »